毛生え薬と毛生え補助サプリを通販購入

AGA-薄毛
・フィンカ―・ポーションで薄毛Levelを改善
フィンペシアは低コストの薄毛治療薬
・育毛と脱毛防止(発毛)の違いはご存知ですか?
発毛ならデュタステリド配合
これ、新常識です。
薄毛治療はフィナステリドより高い効果と言われるデュタステリド配合製品
抜け毛防止が防止される成分で配合されたアボダート
・フィナステリドのフィンカ―
ミノタブによる毛髪促進効果が薄毛が改善

毛生え薬といえば主成分のフィナステリドとミノキシジルが有名ではないでしょうか。
効果がイマイチでありながらドラッグストアーなどでも手軽に手に取る事も出来るので知名度が高いミノキシジル外用として毛生え薬の定番ではないでしょうか。

入手先はどこでも「医薬品」のカテゴリーであれば厳格な機関からの認可、許可をえて製造・販売がされています。これが「毛生え薬」の「医薬品」と補助サプリメントとの大きな差異ではないでしょうか。

男性は一度は必要とされる毛生え薬とは?!

男性は一度は必要とされる毛生え薬とは?!

毛生え薬というと、髪の毛にいいすべてのものを指すことが多い。中でも髪に振りかける、塗る、塗布するもの。育毛剤から養毛剤、発毛剤と髪の毛にいいものは様々あるが、それらは同じではなく、分類がある。

  • 発毛剤・・・医薬品として認可され、発毛効果が認められているもの
  • 育毛剤・・・医薬部外品や化粧品分類。天然成分を中心に頭皮や髪の毛に良いとされる成分を配合しているもの
  • 養毛剤・・・基本的に化粧品分類。頭皮の保湿やフケやかゆみを抑えるもの

大別すると授記のようになるり、その中でも毛生え薬というと、医薬品の発毛剤を指すことが多い。
しかし、薄毛予防や治療への効果はないのに、髪の毛や頭皮に良いと考えられる成分が配合しているので全てひっくるめて「毛生え薬」と位置づけられる傾向がある。また、そのように見えるような広告宣伝が目立つ。

毛生え薬には抜け毛、発毛用で男女兼用もある

毛生え薬には抜け毛、発毛用で男女兼用もある

毛生え薬といわれる薄毛治療薬には大きく分けると2つの種類になる。

一般的に薄毛というと男性に発生する症状であり、その原因はAGA(男性型脱毛症)である。
病名の通りAGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが「強力な脱毛ホルモン」に変換することで、髪の毛の寿命を短くさせる。


また、抜け毛のあとの次の新しい髪の毛が生えるまでのヘアサイクルに乱れを生じさせ、次の発毛が遅くなり、生えてもすぐに抜けるサイクルに入ってしまう。

そして、ヘアサイクルの乱れを抑える改善する毛生え薬ががフィナステリド製剤(フィナステリド等)になります。
一方で、血流をよくして発毛を促す作用があるのがミノキシジルである。

上記の2種類は医薬成分のフィナステリド系とミノキシジル系で、同じく毛生え薬と言われているが、これら2種類の発毛に対するプロセスや効果は全く違うものとなってくるのだ。

この2種類は医薬品であるので副作用の明記が必須なので、稀な副作用であっても明記されるので毛生え薬の利用を躊躇させる要因でもあります。
もちろんサプリメントなどでも用法用量を守らなければ副作用が発生する事もあります。

市販の養毛剤、育毛剤は副作用も効果も低い

そして、もう1種類が育毛剤や養毛剤などとドラッグストアーで入手が出来るモノになります。
特に分けて考えておきたいのが、天然成分が中心とするなど安全面を前面に広告している育毛剤になります。天然成分というよりも医薬成分ではないので、副作用の心配が少なくて済みますが、もちろん効果も少なくなります。

これら育毛剤は、それぞれの成分が「発毛効果」として認められている医薬品ではないが、成分ごとに研究されていて、発毛にも役に立つということで配合されている。
しかし、医薬品認可ではないので、それぞれが、「頭皮の環境をよくする」、「ふけやかゆみを抑える」ということで医薬部外品となっているのである。

つまり、医薬品ではない毛生え薬としての育毛剤は「効果は全くない」訳ではないが、髪の毛や頭皮に優しい成分が使われているのは事実である。

薄毛治療薬のフィナステリドとミノキシジルは少し古い?

薄毛治療薬のフィナステリドとミノキシジルは少し古い?

毛生え薬は2種類あって、AGAを抑える成分、発毛を促す成分と2つの効果の違いがある。
フィナステリドとミノキシジルの2つの組み合わせは芸能人が薄毛治療に利用したとしても知名度が高くになったのではないでしょうか。

ですが、ミノキシジルの外用で言えば1か月分が約7,000円とお小遣い製のオジサンには辛い出費ではないでしょうか。

フィナステリド
デュタステリド
AGAの進行を抑える作用
ミノキシジル血行を促進して発毛を促す作用

AGA治療薬について調べた人は、近年ではフィナステリドに代わりデュタステリドも注目されている事で治療薬の選択で悩まれるかもしれません。
というのも、YoutuberのメンタリストDaigoがデュタステリドが薄毛治療薬の中で一番優れていると推奨したり、安く通販購入が出来るようになったこともあります。

以前から、デュタステリドはフィナステリドよりも効果が高い臨床試験データがあったりと注目されてはいましたが、ネックとして比較的に値段が高めでしたので人気が出るまで少し時間がかかったようです。

薄毛改善に効果がある主成分

毛生え薬として代表されるAGA(男性型脱毛症)の症状である抜け毛を抑制するフィナステリド、デュタステリド。そして、血行を促進して発毛、育毛を促すミノキシジルがある。

そのほか、発毛効果があるという意味では未認可なものの、髪の毛にいい成分、育毛にいい成分は他にもある。

医薬品ではないサプリ系の薄毛治療製品

薄毛治療のサプリや健康食品は広告を出すことが出来ます。まだドラッグストアーにも置くことができるので、販売しやすくなっています。また、アフィリエイターなどの商品を紹介して広告収入で生活をしている人たちが多いのも、これらの商品になります。

そのため、販売のために「嘘」「大げさ」「紛らわしい」広告があふれているのも、これ手の商品ですので、これらの商品はあくまでも薄毛の症状を補助的に改善を手助けしてくれる程度と思われるといいでしょう。

AGAの働きを抑える育毛成分

医薬成分のフィナステリドやデュタステリドの薬効に近いとして、抜け毛予防効果があると思われています。しかし、効能が似ているだけで本当に薄毛に悩んでいる人には効果は低いかと思われます。

ノコギリヤシエキス(ソーパルメット)

ノコギリヤシから抽出される成分が、前立腺肥大の予防薬として使われている。
フィナステリドももともとは前立腺肥大の薬であり、同じような効果が期待される。

研究ではフィナステリドには及ばないものの、5αリダクターゼを阻害する結果報告も出ている。
さらに天然成分であるというところがポイント。副作用の危険性が少なく、主に育毛サプリなどに配合されている。

リモネン

柑橘類の果物、ミカンやレモンなどに含まれているリモネンにも、男性ホルモンを抑制する効果があるということで研究が進んでいる。
もちろん天然成分であるし、香りもいいので自然な香料としても優秀であることから、多くの育毛剤に採用されている。

頭皮の皮脂詰まりを抑制する成分

毛根の毛詰まりを無くすことでストレスなく毛髪が成長する事が期待できます。
日頃から入浴時に洗髪をしていれば問題になるほどの皮脂詰まりを起こすことはないかと思われます。

ビタミンB6

ビタミンB6には、頭皮の炎症を抑える抗炎症作用がある。
皮脂過剰からくる皮膚炎を抑える効果もあり、脂漏性脱毛症の予防にも使われる。

ホホバオイル

毛穴の奥の皮脂を取り除く作用、皮膚の保湿をするので頭皮の状態を良くする作用などが期待される。
美容にも効果があるということで、エステサロンでも使われているオイルである。

頭皮の血行を促進する成分

医薬品で言えばミノキシジルが血行促進が規定できますので、

カルプロニウム塩化物、アデノシン

これらカルプロニウム、アデノシンと共にミノキシジルと同じように血管を拡張する働きがあり、発毛促進効果があります。ドラッグストアなどで市販されている育毛剤にも配合されている。
しかし、一定の効果が確認はされていますが、日本皮膚科学会や利用実証などでもミノキシジルと比較すると効果が小さいとされているので、まず選択される外用薬としてはミノキシジルで、効果が得られなければ、これらカルプロニウム、アデノシンを選択されても良いでしょう。

センブリエキス

センブリから抽出されるエキス。毛根に浸透し適度な刺激を与えるもので、血行促進の効果が期待される。天然成分でも多くの育毛剤に配合されている成分であり、発毛力よりも天然成分としての安全性を前面にだした商品に使用されている成分なようです。

薄毛治療を行う上での懸念事項

薄毛の改善のために医薬品を使うか、サプリなどの補助商品をとするか、もしくは併用するかがありますが、どちらにでも結局、医薬品には副作用が起きる可能性があるので、健康状態と相談しながら利用する事になるはずです。

>>>副作用関係の記事

効果と副作用は表裏一体ですので、本来、期待していない効果が副作用となります。
よくある例としてはミノキシジル内服は本来は高血圧患者用のお薬でしたが、副作用として多毛症(毛が生える)がありました。

このように必ずしも副作用は「悪」ではありませんが、用法用量を守って、うまく薬とお付き合いが出来れば、本当に効果があるか分からない高額なサプリメントなどは不要になります。

海外個人輸入で毛生え薬を購入するメリット

薄毛治療では定番の薬がありますが、それでも毎日飲む薬ですので費用面が一番の心配ごとではないでしょうか。かと言って中国製の低品品質の毛生え薬だと身体が心配となるかもしれません。

海外個人輸入をするメリットとしては以下の2点になるでしょう。

  • 日本よりも安価で薄毛治療薬を購入できる
  • 日本で販売していない薄毛治療薬を購入できる

価格は比較するまでもありません、海外通販ならば病院処方の十分の一位からあります。
*これらの海外貿易では支払いはドル決済が主流なので円相場で価格が大きく左右されます。

どちらの医薬品も開発元は海外医薬メーカーなので、本家の製品を海外通販を安価に購入する事も可能です。

海外通販での薄毛治療のデメリット

デメリットとしてはご自身で情報収集をする必要があります。病院処方ならば何も考えずに医師処方の医薬品を毎日飲んでいればいい訳です。
恐らく、いまこの記事を読まれている人は問題が無いはずです。としては完全自己責任で購入しなければならない点である。

毛生え薬で考えられる明らかな副作用は湿疹や発疹位ではないでしょうか。AGAクリニックの医師では何か不具合を感じても「薬の量、種類を変えてみたり」「服用を止めてみる」等の対応しかできないでしょう。ミノキシジルの服用ならば血圧が下がりすぎてしまうなどでしょうし、何の設備もないAGAクリニックでは対応に限界があるはずです。

powered by Mitsukoshiya.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました